日々是好日〜退社のきっかけ〜小さい会社の創業社長ブログ

日々是好日〜退社のきっかけ〜小さい会社の創業社長ブログ

退社のきっかけ

前回は「私がどんな仕事をしてきたか」について書きました。

 

大きなことを実現したと考えていますが、そんな私がなぜ退社することにしたかですが...。

 

会社には全く不満はありませんでした。
それどころか、一生務める会社だと思っていました。

 

でもきっかけは、「地元を良くしたい!」でした。

 

多くの人の力を借り、大きなキャンペーンを無事に成功させた私ですが、待っていたのは転勤でした。
私は、このまま地元の為に取り組んでいけると思っていたのです。
ですが、会社は他の県で同じキャンペーンを成功させることを望んでいたのです。

 

サラリーマンとしては、当然のことだと思います。
ですが私は地元を良くしたくて異動希望を出しました。

 

他県へ異動し成功させたら、また別の件で同じキャンペーンを成功させる。
この繰り返しで、地元に戻るには10年近くかかると思いました。

 

会社は「支店長で戻す。」とも言ってくれました。

 

ですが、私の想いは「地元のために!」でした。

 

異動の辞令が覆らないかと役員に交渉しましたが、覆ることはないと言われました。

 

私は「地元への想い」から、妻に相談もせずに辞表を提出していました。
辞令が交付された3日後の事です。

 

 

今日はここまでにします。
次は、会社設立に至る過程について書きたいと思います。

トップへ戻る