日々是好日〜W杯 ポーランド戦〜小さい会社の創業社長が日々想ったことを書き綴ります。

日々是好日〜W杯 ポーランド戦〜小さい会社の創業社長ブログ

日々是好日〜W杯 ポーランド戦〜小さい会社の創業社長ブログ

ワールドカップの日本代表はポーランド戦までは、必死の戦いで結果を残してきましたね。

 

川島選手のミスは、素人が見てもミスだと思いますが、それをカバーするために他のメンバーが奮起したのではないかと個人的には思っています。

 

ただポーランド戦の最後の10分間は酷かった(´;ω;`)

 

セネガルvsコロンビアの試合経過での判断ですが、一歩間違えれば3位転落ですしね。
高度な戦略と言えば格好いいけど、日本代表としての戦い方ではないなと感じます。

 

日本代表は日本国民に夢を見せる、希望を持たせるのが仕事だと思っています。

 

決勝トーナメントに進むことが第一ではないと思うのです。

 

どのような行動で、決勝トーナメントに進んだか。
仮に決勝トーナメントに進めなくても、その行動に国民が感動するかどうか。

 

私は、そこに尽きると思っています。

 

テレビで見ていて、こんなに恥ずかしい思いをしたのは初めてです。

 

この後いくら頑張っても、ポーランド戦での時間稼ぎは消えません。
日本の美徳を無にした行為が、付きまといます。

 

もちろん、決勝トーナメントでは払拭するくらいに頑張ってほしいですし、結果も残してほしいです。

 

しかし、日本国民を貶めた恥ずべき行為だと理解して采配してもらいたいです。

 

侍ジャパン!
と呼べないよ...。

 

 

一経営者として見ても、得るところが無かった試合でした。
こんな戦術を一流とみるなら、世の中の経営者はみんな失格になってしまいます。
違うか。
私に能力が無いと言っているようなものです。

 

私は攻めて攻めていきたい!
守るべきは社員であり、クライアントでです。

 

次こそは、勝っても負けても得るものがある試合をするように期待したいです。

トップへ戻る