日々是好日〜5歳児虐待事件〜小さい会社の創業社長が日々想ったことを書き綴ります。

日々是好日〜5歳児虐待事件〜小さい会社の創業社長ブログ

5歳児虐待事件

5歳児虐待事件のニュースが、もう報道されなくなっています。
3月に亡くなって、両親が6月10日に逮捕されたのにです。

 

ちょっと報道機関も報道の在り方を考えたほうがいいですね。
日々のニュースも大事ですが、途中経過も大事なんですよ。

 

この事件は香川県の児童相談所でしっかり行政・警察と連携して対応できていた案件が、引っ越しをして東京都品川区に引越ししたことにより、引継ぎをしたものの、認識度合いのずれのせいか、訪問したものの不在で会えず、そのまま亡くなるまで放置されていたことが問題なんです。

 

かわいい子どもに虐待するなんて、もってのほかですが、今後、同じような子どもを少しでも減らす、無くすために、どのような対策をすべきなのかを、県や市単位だけでなく、国の命令でシステムを組むぐらいの取り組みが必要だと思います。

 

子どもを持つ親として、絶対に許すことができない事件です。

 

このような子ども達の為に、自分が何かできることがないかと考えています。
なかなか思い浮かびませんし、行政のような力が個人にあるわけでもない。
でも何とかしたいですね。

 

仕事での事業展開に頭をフル回転させていますが、ここ最近は、このような事件が起こらない取り組みは何なのかも考えるようになりました。

 

虐待が増えている気がします。

 

国と行政・警察の垣根を超えた取組が必要だと感じます。

トップへ戻る